[ お知らせ ]
2019年3月8日より、クレジットカード決済に対応いたしました。対応可能なカード等の詳細は、ご利用ガイドでご確認をお願いします。
ご利用ガイドはこちら→https://we-spirits.jp/shopping-guide

EMOTIVA vs SP-10R


本来このような比較の仕方はおかしいのかもしれませんが、あえてやってみました。

エモーティバのCDプレーヤーの音は、何度聴いてみても、アナログと酷似している、驚きはtechnics SP-10R+SAEC WE-308SX(SAECの最高級のトーンアーム)+Ortofon Cadenza BLUEを組み合わせた音と、ひじょうに似ていると言う事です。

ウエタンスピリッツのアナログは、現代的な、ある意味ハイエンドに属すると思います。

録音年代も指揮者も同じCD盤とレコードを同時にかけて切り替え何度も比べたのです、双方共にドイツ盤のアルヒーフです。

決定的な違いは、音の厚みや低域の漂い方、そして開放感です、アナログはその意味に於いて細やかに比べればやはり数段上です、固く絡まった紐がほぐれたような感じです。

今までエモーティバがくる前は、どんなに両者を何度比べても、その差はハッキリしていました、しかしエモーティバは、アナログそっくりだと改めて思いました。

エモーティバのCDの型番はERC-3(バランス出力&アンバランス出力付き)です、本体価格は日本円にすると、五万五千円位です、驚きですよね。

へたなアナログプレーヤーなら、なんなく負けます。

私が比べたのがMMカートリッヂならまだしも、MCカートリッヂです、しかもオルトフォンのカデンザブルーですから、尚更信じられないです。

更にエモーティバより音が上のCDプレーヤーが存在します、もうアナログ?デジタル?語り合う事すらナンセンスになりそうです。

それもやはりアメリカ製です。

それは、またの機会に公開致します。

エモーティバを購入して数日経ちますが、未だに変化しております、最近は昼間しか使っていません、夜中はオーディオシステムの電源を総てOFFにしております。

アナログもデジタルもウォームアップに、三時間はかかります、それを聴いてるのも楽しいものですね。

本日、新元号が発表されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA