鳴らないレーベルは存在しない

オリジナル盤は総てではないが確かに音がいい、しかしいざ集めてみると、あっという間に財布が軽くなる、普通のサラリーマンの退職金などあっという間になくなる。

これを何とかするためにオーディオケーブルを開発した、そう言って過言ではない。

そして、それが現実のものとなったと思う。

優れたソフトしか鳴らないのであれば、それは最早オーディオとはいえない、単なる金満オーディオである、お金を持っていなければいい音を聴けない。

そんな話はないだろう、そうではなく頭の中に描いた芸術を、努力と感性をもって鳴らす、先ずは感性をもっていないと到達出来ない、難しい趣味である。

優れたソフトを所有する事でもなく、優れた機材を揃える事でもなく、オーディオとは感性がないと上手く鳴らす事は出来ない、感じる事だと思う。

素晴らしいソフトと、値段の高い機材を所有されてる方を沢山見てきた、誰一人としてオーディオや音を理解していない。

値段が高ければ音がいい、とんでもない勘違いである。

総てご自分の責任である、今のシステムも鳴らせないのに次の機材に換えるのはとても危険である、今、所有のシステムも鳴らせないと言うことは、分かっていないと言うことになる。

けれど限界まで鳴らされた方を私は知らない、だから私はスピーカーシステムを安易に換えないのです。

まだ鳴っていないと思えるからである、物質ではない、使いこなしのセンスと匠でしかない。

特殊なソフトだけを聞いていてはいけない、誰もが所有しているスタンダードなソフトを上手く鳴るよう努力をしよう。

最近このブログをお読みになり、同じようにラックを作ったり、ラックのキャスターをハズしたり、スピーカーやラックの下に板を敷かれた方がたくさんいらっしゃる。

あまりお金がかかる事もなく実に優れた音質改善だと思います。

同じスピーカーを使い何故こんなにも違うのか何時も考えている。

多分、私は何を使っても今のような鳴り方にするだろうと思う、みんな不思議がって話す「なぜこんなに上手く鳴るのだろうか」それを聞かれても私にも分からない。

それを再確認するために、これからとある方のシステムを聴かせていただき、オーディオ談義をして来る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA