トーンアームの不備が発覚

家内と晩酌しながらLPレコードを聴いていた、A面B面共に最後の方で音飛びがした、レコードを眺めてみても傷一つない。

最近、頻繁に同じような状態があった。

試しにインサイドフォースキャンセラーを再調整してみた、その時、手に伝わる何かがおかしかった、バーがグラついてフラフラになっていた。

よく観察してみると、インサイドフォースキャンセラーのバーを留めている台座自体の留めネジが緩んでいた。

位置を決め、固定してネジをしめなおした、位置がかなりずれてまともに動作していなかった事になる。

再度しっかり調整し直して聴いてみて驚いた「以前聴いていた音はこの音だ」と。

やはり重心の低い、鮮やかなしっかりした穏やかな力強い音になった、いわゆるまともな音。

少し前(去年の11月頃から)近所で古いマンションの解体工事をしていて、その震動で色々ズレた事があった、多分、少しずつ留めネジが緩んだのだろう。

しかし少しずつ緩んで来るので、なかなか気付かなかった、それにしても、人間の感性などいい加減なものです。

プロである私でさえこのていたらく、オーディオは変な事だらけですね。

暫く苦しかった「ウエタンスピリッツももうそろそろ限界かな」そう思っていた、でもこれでスッキリしました。

言い訳になってしまうが、やはりインサイドフォースキャンセラーは、とても大切な機能である。

必要ないなどと話している有名なトーンアームの設計者もいらっしゃる、とんでもないお話である。

たまには総てを見わたすのも大切だとは思いませんか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA