つくば市 竹園珈琲へ

少し前、竹園珈琲のマスターからご連絡が来ていた、今回最後のゲイシャを焙煎されたとのこと。

気がつくと、竹園珈琲へは今年の一月の初めに行ったきり、一度も伺っていなかった。

家内がすこし頑張り過ぎたのか、首や肩がはって頭痛が酷く、今は針治療に通い良くなったようだが、少しの間、ドライブが出来なかったのである。

我々はPeugeot308GTラインに乗っている、そのオイル交換が先週の金曜日、三月一日だった。

週があけて、今日は月曜日、関東は気温が低く雨降りだが、マスターに会いたくて行ってきた。

エンジンオイルを交換してタイヤの空気圧を高めにしたリオンは、静かになりとてもパワフルで元気に走ってくれた。

何故リオンなのか?Peugeotはフランス車である、ライオンをフランス読みにすると、リオンなのである、家内が名付けた。

穏やかに力強く走る様は、サバンナを走るライオンのようである、我が家から外環を走り、片道60キロ位の距離である。

慣らしにはちょうどいい、途中、守谷のパーキングエリアで食事をして行ってきた。

さて家内が淹れてくれる珈琲とどう違うのだろうか。

相変わらず色白で、少しシャイなマスターは元気だった、もう一人、先客がいらして気になっていた、マスターが「彼とは同級生なんです」と紹介された。

お互い若い頃の話しや私の母の話をたくさん出来た、マスターと同じ歳と言う事なので、私より七歳年下である。

マスターも彼もよく人の話を聞く方である、楽しかった。

肝心なのは珈琲である、家内が淹れてくれるよりも少し温度が低い、なので味が分かりやすい。

ニ種類、違う豆でオーダーしたが、その差が実にはっきりと分かった、ブラジルイパネマ農園プレミエクリュと、神山(しんざん)ハニーとの事だったが、どちらも今まで飲んだ事のない特殊な味だった。

当然オーダーしておいたゲイシャと共に購入して来た。

店内のBGMはジャズが小さな音で流れていた。

マスター、珈琲、美味しかったです、また伺います。

家内と晩酌しながらレスターヤング・コレイテス・ウイズ・オスカーピーターソン・カルテットの1952年録音の再販盤を聴いている、最高です。

そして今、昨日購入して来た、ブラジルイパネマ農園プレミエクリュを家内が淹れてくれた、焙煎がいいのか、竹園珈琲の味とそっくり、とても美味しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA