若きMさんご来訪

三年程前、ウエスタンスピリッツのブログをお読みになり、その通りに音質改善をやってみたら、効果てきめんだったとご連絡が来ていた。

お会いする約束をしていたが、こちらが公開してるブログで、父や母の介護で大変だったので、Mさんはお気を使われ、三年後の12月1日土曜日のご来訪になってしまったのである、誠に申し訳なく思っている。

少し前から電話連絡が来ていた、ここ数年の内に、私のシステムとほぼ同じ機材を揃えられていたようである。

とても嬉しかった、話していてもお人柄がとても暖かく、なかなか本質をついてくるのが早い。

色々リッツ線のお話をさせていただき、そのリッツ線をお見せしたり、総て色々お見せした。

年齢はまだ三十八歳とお若い、私と二十一歳違うことになる、しかし若いからか、耳が良いからか、帯域バランスを掴むのがとても早い。

私が小学生位の頃に流行った歌謡曲のシングル盤や、スティービーワンダーのLPをご持参された、CDも何枚か持参されたが、彼はアナログに興味をお持ちのようである。

レゲェやクラシック等二枚、我家のレコードを聴いていただいた、真剣だったのか無言になってしまった。

そう!お聴かせした二枚のレコードは、我が家の十八番だったのだ、時期尚早かな?とも思ったが、一番分かりやすいと思った。

今回はスピーカーケーブルの注文だった、何回も足を運ばれご自分のシステムを磨かれたいと願った。

そして彼は我が家のラックをしっかり見ていかれた、どうやら自作してみたいらしい。

彼はまだ年齢が若く、時間がたくさんある、羨ましくも思った。

ウエスタンスピリッツは、多少のアドバイスと、ケーブルをお手伝いさせていただく。

頑張れ!Mさん、まだまだ先はある。

いつか私のサウンドを遥かに超えて欲しいと願う。

昨日は遠路はるばるおこしいただき、感謝致します。

本日の珈琲はコスタリカ、旨味に甘さを感じすっきりしている、少し冷めると豆の味が出てくる、好みである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA